愛犬が肝臓病に罹らないために|病気の原因を知っておこう

ペットの元気を取り戻す

女性と犬

歩行時の足腰の負担を軽減

犬も老齢になると徐々に足腰が弱くなり、散歩も困難になってきます。また、不幸にしてケガや病気などで若年のうちから歩行が不自由になってしまうケースもあります。こうした場合は室内でおとなしく過ごさせてあげるのが一番ですが、時には無理のない範囲で運動をさせてあげないと、ますます身体が弱ってしまうおそれもあります。そんな時に便利なのが、犬用の車椅子です。犬用車椅子は、金属やプラスチックなどのフレームに車輪が付いた、歩行補助器です。身体への固定はストラップで行います。車椅子には2輪車タイプと4輪車タイプの2種類があります。2輪車タイプは、腰や後肢に問題があるが、前肢は比較的健康という場合に使います。4輪車タイプについては、前肢が弱っている、お腹を自力で支えることができないなどの場合に適しています。車椅子を使えば、犬を歩かせる際に足腰への負担を軽くすることができます。室内での利用はもちろん、散歩にも連れ出せるようになります。適度な運動をさせてあげれば筋力の低下を防ぐことができますし、ケガや病気からの回復途上にあってはリハビリに役立ちます。何より、自由に動き回れないことによって生じる精神的なストレスを減らしてあげられるという、大きなメリットがあります。犬用車椅子は多くのペットショップで取り扱っており、最近ではインターネットから注文することもできます。指示に従って採寸を行い、データを送付すれば、オーダーメードの車椅子を作ってもらえます。