愛犬が肝臓病に罹らないために|病気の原因を知っておこう

女性と犬

ペットの元気を取り戻す

老齢・ケガ・病気などによって歩行が不自由になった犬にとって、助けとなるのが犬用車椅子です。足腰への負担をやわらげ、移動を楽にしてあげられます。元気なころと同じように散歩に連れ出してあげれば、闘病中のストレス解消にもなります。

トイプードル

相場を知りましょう

トイプードルは日本で絶大な人気を誇ります。その値段は20万円から40万円程度です。スタンダードかどうか、成長しているかどうか、流行に適っているかどうかによって価格が異なります。購入金額以外にも費用は発生するので覚悟しておきましょう。

猫

ペットの病

ペロペロと自分の身体を舐める猫の行動は、かわいらしく見えますが、あまりにも舐めすぎると皮膚病を患う可能性があります。虫刺されやアレルギー反応、ストレスなどによって、皮膚病になることがあるので、猫を飼う際は、注意してあげることが大切です。

毎日の食生活が大事

ドッグ

犬を飼っている家庭は年々増えていますが、犬も人間と同じように病気になります。そこで今回は、犬の肝臓病について症状や対策をご紹介いたします。まず主な症状としては、食欲がなかったり、体重が落ちたりするといったことが挙げられます。他にも下痢や嘔吐、歯茎が黄色くなるなどもあります。しかし、これだけではなかなか肝臓病とは判断できません。血液検査をすれば確実に分かるため、このような症状が少しでも見られたら検査をする必要があります。症状によって治療法は異なりますが、早期であれば漢方や食事管理で治療することが可能です。しかしやはり一番は病気にならないことです。肝臓病の原因はウイルスや遺伝性によるものもありますが、食生活によっても引き起こされます。一体どのような食事を与えてあげれば良いのでしょうか。まず添加物の多い食事は肝臓に大きな負担をかけてしまいます。ドッグフードを選ぶ際は、何が含まれているのか注意しましょう。ポイントは高品質のたんぱく質、消化に良い炭水化物、ビタミンを多く含んでいることなどです。手作りの食事も効果的ですが、その際は農薬が含まれていないもの、脂質は植物性のものや魚由来のものを使用することが大切です。人間の体に負担になるものは犬の体にも負担になります。美味しいからと言って脂肪分の多いものや消化に悪いものを与えていては、あっという間に肝臓病に近づいてしまいます。犬は自分で体に良い食事、悪い食事を判断することができないため、飼い主が責任を持って与えてあげることが大切なのです。